お正月に思った、整理収納のこと。

  • カテゴリー: スタッフブログ

 

あけましておめでとうございます!

 

長いようであっという間のお正月休みでしたね。みなさまは、どんなお正月休みを過ごされたでしょうか?

 

我が家は、受験生がいるため、実家への帰省もせず、ひたすたのんびり&大掃除をしての年越しとなりました。

 

帰省できなかったので、じいちゃんばあちゃん、親戚やいとこ軍団にも会えずに終わったのですが、先日大きな段ボールがドサッと届きました。

沢山のお菓子やのり、つくだ煮、ビール、みかん などなど…。お歳暮やお年賀のおすそ分けが詰め込まれていて、いつもありがと~~~と感謝感謝です。

 

お正月のTVを見ていたら、

「帰省のお土産が多すぎて、ありがたいけど荷物になって困る…。」「

お土産やおもちゃをもらっても困るから現金がいい…。」

などという話題を取り上げていました。小さなお子様をお持ちのご家族が、電車などで移動するときお土産がかさばって大変とのことでした。

 

なるほど~と思いつつ、そういうちょっと困ったアルアルも含めて家族みんな幸せに健康に過ごせているからこそだよな~と、ぐーたらなお正月でさえいい思い出です。

(ちなみに、帰省荷物は宅配便で送れば一発解決ですね!!)

 

そんな話題の中に、おじいちゃんおばあちゃんにプレゼントでもらうおもちゃが、収納が足りないからかさばるし、もらい物だから捨てられないし困る・・・という話もありました。

収納アドバイザーとしては、もらいものでも適齢期を過ぎて遊ばなくなったおもちゃは友達にあげたりネットで売ったり、手放すルールを設けるというのをおススメしています。

 

おじいちゃん・おばあちゃんに、あらかじめ感謝を伝えるとともに、我が家は収納が限られてるから、大きくなって使わなくなったら友達にあげるね(実際は売ったり、捨てたりしても…)と、伝えておいたり、買ってもらう時に、収納を考えてしっかりリクエストするのもいいと思います。

 

ものを大切にするためにも、無駄に買わない・もらわない工夫が必要です。

日常からコミュニケーションをいっぱいとって、こちらの要望を、自然に伝えておくことができたらいいですね。

 

もちろん、お子様にも常日頃、「何か買う時は、これをどこ収納するかを考える」ことを教えてあげるのが大切です。

 

おもちゃの入れ物がいっぱいなら、使わなくなったおもちゃを、ありがとう・さよならできるなら、新しいおもちゃを買えるけど、まださよならしたくないなら、もっと今のおもちゃで遊んであげるよう促してあげたいですね。

 

なかなか思い通りにはいかないかもしれませんが、常に言い続けることで、自然に「買う時に収納を考える」習慣がついてくるのではないでしょうか?

 

 

 

年末年始の大掃除やいただきものを通じて、あらためて整理収納はその都度ばかりじゃなくて、常に意識する習慣が大切だな~と思い返しました!

今年は、皆様にも、上手に整理収納の技術をお伝えできたらいいなと思っています。

 

あらためて、本年もよろしくお願い致します。

 

 

 

このカテゴリーの新着記事