自然素材について

パイン(松)

  • カテゴリー: 自然素材について
パインの特徴

・針葉樹
・やわらかく、温かみがある
・衝撃を吸収してくれる
・傷つきやすい
・個性的な木目
・白っぽい黄色の色合い
・ほのかな香り
・シロアリ被害に遭いやすい

松の木ですが、
主に北米産の松をパイン材と呼びます。

詳細はこちら

ブログ1

雪だるま

  • カテゴリー: ブログ1

週末は雪でしたねemoji
平地はすぐに溶けてしまったけど、
ちょっと山の方に登ったら
まだまだとけ残ってました。
大工さんが作ってた雪だるまemoji
可愛いemoji

詳細はこちら

自然素材について

オーク・ナラ

  • カテゴリー: 自然素材について
オークとはヨーロッパ、北欧で採れる木
ナラとは日本、中国、ロシアで採れる木

似てますが、厳密に言えば同一ではありません。
一緒に表記されていることがあります。


・広葉樹
・日本では、どんぐりの木
・重量感がある
・傷つきにくい
・耐久性にすぐれている
・ウイスキーの樽などに利用されている
・独特の虎斑(とらふ)模様がある事もある

美しい木目が特徴で、
時が経つほどに味がでてくる素材です

詳細はこちら

自然素材について

  • カテゴリー: 自然素材について
檜(ヒノキ)の木の特徴

・針葉樹
・耐久性に優れている
・リラックス効果のある特有の香り
・腐朽しにくい
・淡黄白色
・反りや狂いが少ない


建材として古くから利用されています
法隆寺にも使われています
ヒノキチオールを含んでいる為、
特有の香りがします


詳細はこちら

ブログ1

ボンベイ インディアン ダイニング

  • カテゴリー: ブログ1
こんにちは!
今日はまたランチののお話ですemoji

五日市駅近く宮島街道沿いのカレー店
ボンベイに行ってきましたemoji

お店に入るとオシャレで落ち着いた雰囲気です

今月のランチ
チキンとしめじのカレー 辛さホットで注文です

サラサラしたカレーで、
スパイシー
美味しかったですemoji

ラッシーも飲みましたemoji





お腹いっぱいですemoji

詳細はこちら

自然素材について

  • カテゴリー: 自然素材について
杉の木の特徴

・針葉樹
・古くから建材として利用されている
・耐久性があり粘り強い
・機密性が低い
・湿気を逃しやすい
・変形や狂いも生じにくい
・柔らかい
・傷がつきやすい
・温かく感じる
・ほのかに香る
・木の中心は赤っぽい、外側は、白っぽい


日本の木というイメージですね。
山を見れば杉の木。
御神木も多いそうです。

詳細はこちら

ブログ1

インフルエンザ(-.-;)y-~~~

  • カテゴリー: ブログ1
こんにちは^_^
皆さまおげんきでしょうか?

私は先週インフルエンザにかかってしまいましたemoji emoji emoji

ならないと高を括っていたのが、原因でしょうか、、、

朝から、体が痛い、ひどい倦怠感、、、
これは、、、
と思い、時間をおいて夕方に病院に
行くと、出ました!
インフルエンザAでした。

そこから熱が上がりしんどい2日を過ごし
3日目には、熱が下がりました。

薬が効いたのでしょうか、、、
予防接種をしたから軽くすんだのでしょうか、、

家族にはうつることなく、
完治でした。良かったです
受験生が居るので、
本当申し訳なかったですemoji

体の痛みと倦怠感があれば、
インフルエンザ疑って下さいねemoji



皆さまインフルエンザになりませんようにemoji

詳細はこちら

自然素材派のこだわり住宅

自然素材を生かした家づくり

  • カテゴリー: 自然素材派のこだわり住宅

住む人の心を、深いやすらぎと快さでつつむ自然が生み出した素材=木。

 

・紫外線の呼吸率が高く目に優しい。

・木の床は適度な弾力があり、衝撃を吸収するので膝を痛めない。

・感触が良く断熱性が高いので肌触りが良い。

 

など、木はたくさんの魅力的な特長があります。この素晴らしい 『木の可能性や、木のもつ豊かさ、美しさ』 を生かした住まいづくりは、家族のライフスタイルを快適で心豊かな暮らしに変えます。

 

リラックスホームでは、無垢材や漆喰といった自然素材を取り入れた、家族の心にも体にも優しい家づくりをしています。
断熱材や接着剤など、目に見えない細部にわたってこだわった、本当の意味での自然素材の家づくりです。

 

●無垢材のメリット・デメリット

 

自然素材には、自然素材ゆえの欠点もあります。自然素材住宅をお考えの方は、メリットだけでなくデメリットも押さえたうえで取り入れてくださいね。

 

◆無垢材のメリット

 

○結露が生じにくい

木が呼吸することはよく知られています。調湿機能を持っているため、周囲の湿度が高くなると湿気を吸収し、乾燥すると水分を放出します。木をふんだんに使った室内は、結露が生じにくく、穏やかで快適な環境を保ちます。まさにお年寄りやお子様に優しい、時代にふさわしい住まいといえます。木の持つ調湿機能は室内の湿度を最適といわれる60~70%に保ちます。そのため、カビの繁殖やダニや細菌の原因のひとつとなっている結露を防ぐことができるのです。また、室温も快適に保ちます。

 

○家屋の寿命が長い

日本の木造住宅が建築方法やメンテナンスによって、百年・千年単位で建ち続けることが可能だという事実は、多くの建造物が証明してくれています。鉄筋コンクリート(RC構造)の耐用年数はキチンとした設計である前提で50~60年と言われています。

 

○ホルムアルデヒドが発生しない

自然素材の家は、化学物質が含まれる建材はほとんど使用していないので、シックハウスの心配は無用です。住む人の健康や安全性、地球環境への配慮からも、自然素材は最もふさわしい素材と考えています。現在、家そのものが発ガン性物質となってしまう、新築病という病気が起きています。新築の家に入ったら、妙な臭いで気持ち悪くなった。目がチカチカしてきた。くしゃみが止まらなくなった。人によってさまざまです。

特にアレルギー体質や化学物質に敏感な人は深刻です。家の素材について根本から見直すべきです。
 

※ホルムアルデヒド(CH2O)は、最も単純なアルデヒドの1つ。

水に溶け、37%以上の水溶液はホルマリンと呼ばれ、医薬用外劇物に指定される。

接着剤、塗料、防腐剤などの成分で、安価なため、建材に広く用いられている。

「シックハウス症候群」の原因物質の1つ。発がん性があると警告されている。

 

◆無垢材のデメリット

 

□乾燥していく過程で反りや曲がり、割れやねじれが生じることがある

□色のばらつきがある(1本1本色合いや木目が異なる)

□経年変色が起こる

(時が経つにつれ飴色に変化。変色を味わいとして楽しめれば問題ない)

 

リラックスホームでは、無垢素材を取り入れる他にも、「ビニールクロスを使用しない」「収納など目に見えない部分も自然素材を使う」など、こだわった家づくりをしています。

健康な家づくりについてもっと知りたい方は、お気軽に資料請求してください。
 

自然素材について

詳細はこちら

I様邸

Iちゃん

  • カテゴリー: I様邸
I様の打ち合わせemoji
一緒に来てくれたIちゃんemoji
待ってる間、たくさんの折り紙作品と、お絵かき作品を作ってくれましたemoji
来てくれるたびに新しいことを覚えて披露してくれるのですごいなーと嬉しくなります。
次はどんな折り紙折ってくれるかな?
楽しみですemoji



妹のNちゃんはスヤスヤお昼寝モード。
春には新しいお家ができるの楽しみにしててねー (*^▽^*)

詳細はこちら

自然素材について

無垢材とは

  • カテゴリー: 自然素材について
無垢材とはなんでしょうか?
今回は無垢材のメリット、デメリットを
紹介します。

無垢材とは
山や森で育った原木(丸太)から、
使用する形状に切り出した木材のことです。

メリット
耐熱性があり、周囲の温度に影響されにくく、
室内の湿度を調整する働きがある

耐久性もあり、経年変化を楽むことができる

化学物質を、含まないので、
シックハウス症候群になりにくい

デメリット
割れやヒビが入りやすい

水に弱く、傷がつきやすい

コストがかかる

隙間ができる


メリット、デメリットありますが、
実際に触れて感じて下さい
自然木ならではの、風合い、感触は
他にはないものです。

次回は木の種類について、
紹介していきます^_^




詳細はこちら